いつも利用しているスーパーが閉店

今日買い物に出掛けた際に、何気なく目に入ったポスターに衝撃を受けた。
っと言うのも、来月末でスーパーが閉店するというポスターだった。
そこは食材以外にも、洋服や布団、書店などを全て行っていた総合スーパーで、最上階には食堂もあって、子供の頃は、お子様ハンバーグ等を食べに行くのが楽しみだったのに・・・
ここ数年赤字続きで、スーパー部門だけ残して、それ以外は全て切り捨てて、テナント等を呼び込む等、V字回復する案が浮上し、結構お店の雰囲気も変わってきていたのですが、無理だったようです。
ん〜自分が知っている、利用していたお店が無くなるのは寂しいものですね。
高校生の頃は、その当時の彼女も働いていて、放課後彼女が働いているのを見に行った事もあったのに。
世の中を見回すと、インターネットでポチッと押すだけで、洋服や電化製品以外にも生鮮食品が届く時代。
わざわざ足を運んでまで、買い物をする人が減ってきたって事なんですかね?
自分は実際に見た商品じゃないと、生鮮食品とかは変えない性質だから、インターネットが普及すると、困るな〜と思いつつ、ネットで買った方が安いなら、それも良いかもと思ってしまう私がいます。
でも。。43年間お疲れ様でした(笑詳しくはこちらからどうぞご覧ください